森脇製陶所の器
花を摘み、窓辺に飾るような、
その人の生活の中で
その生活にしかないものが生まれること。

目の前にあるものは
それを手にする人にとっては
生活の素材です。

器は、焼き上がれば完成というものではなく、
使う人の手の中で、生活の中で器になっていく。

製陶所を取り囲む木々や草花、
そこに棲む虫や動物たち、日々変化する景色、
私達は毎日そこに目を向け、見つめ続けます。
そして些細なことに皆で泣き笑いし日々を過ごす。
それが私達が器を生み出す糧です。

森脇製陶所の器を生活の素材として
お手にとっていただければと思います。



| はじめに | 09:16 |
| 1/1PAGES |