<< ある地区の歴史が今に響く宿     2019-02-16 | main |
大きく広がっていくというイメージではなくって小さなものが繋がっていくというふうな
2019-02-24
いつも山奥でじっとしていて主に会話するのは
妻だったり、三人の子どもだったり。
そこでのやり取りがずっと続いている中で、
出かけた先、果たしてコミュニケーションできるのか。

不思議なまま、答えの出ないまま。

でも大切にしたい風景や長い間掛かって整えた、整えている
場があって、そこで生きて、器を作っていて。
そして生活を考えて。

広がろうとする不安は、身近な大切な物事を思うと
広がらなくなります。
そうやって考えていると田中氏と話していた
「小さな暮らし」というものが自分の中の事であって
それは大きく広がるものでなく広げるものでもなく
何か中心の方へ小さく広がっていくイメージだと気づきました。
そして
それは何か純粋に繋がっていく力を持っているような
言葉にできませんが、そんなことをふと思いました。

| 森脇靖日記 | 23:44 |