<< 目黒区 CLASKA Gallery & Shop "DO"本店 での会のお知らせ | main | 森は樹 2019/07/11 >>
森は樹 2019/06/01  ※2019年 8月 18日 追記
「深呼吸」という冊子が邑南町定住促進課より発行されました。

森脇靖

邑南町は「木育」を推進しているのですが
木のある暮らしという視点でこの冊子は作られました。創刊号です。
私達家族の製陶所での様子とか考えとか、掲載いただいてます。
邑南町内各所でご覧いただけますので来邑の際は是非。


2019/06/02追記
フリーペーパーですが発行部数は少なめです。
そんな中で
様々な反響があり不思議に感じております。ありがとうございます。
写真家の足袋井様が撮影くださったのですが
あがってきた写真をみて、我が製陶所や妻子、自分自身を
初めて客観的に見られたような気がしました。

そういうこともあって色々考えたのですが
製陶所にお立ち寄りいただける時間など
改めて考えなおしてみようと思います。
妻子の生活の時間の様子なども随分変わってきていますし
私にとっての器作りから広がる視野も以前と違う景色がみえているようにおもいます。
どのような形になるのかわかりませんが、
またお知らせさせていただきます。




2019/06/02追記
器を作るためにはそれなりの場所が必要でしたので
何年かかけて色々な材料を集めてきて
日曜大工で、今でも少しずつ変化してますが製陶所を作りました。

作業に使う椅子は
リサイクルショップだかどこかで買って来ていた
椅子の座面が嫌になったので外し
上に丸太をのせチェンソーで削り出しました。




妻の日記にも載せた写真ですが
・製陶所
・ロクロ
上の椅子の写真なども写真家の足袋井氏によるものです。
また記します。

2019/07/20追記
製陶所の様子を、特に器が集っている様子をご覧いただけたらと思い
今の展示室の様子を少しずつ掲載していきたいと思います。
この春から今までと少し違う形でのお問い合わせを多くいただくようになりました。
ありがとうございます。
遠方にお住まいの方やいつも応援いただいている方々へ
少しでも私達の活動や考え方に触れていただければ幸いです。

器の日常のページより発信して参ります。

2019年 8月 18日 追記

邑南町日貫にオープンした宿
「日貫一日」でお使いいただく器の様子が日貫一日のインスタに
掲載されましたので嬉しくて
打ち合わせの際、初対面の、中東氏が
「お肉を焼いて俎板皿に盛り付けて・・・そこで切って・・・」
と話しをされて
私が「今までご覧になったり盛り付けされたりしたそういうお皿で、
印象に残っているものはありますか?」
と伺うと
「自然坊先生ですかねぇ」とさらっと言われ。
俎板皿を作ったことのない私は、暫く考え込んでしまいました。

で、色々考えた末、奇跡的に焼きあがった一枚。
本当に嬉しかったです。

どうか宿で実際にご覧いただければ幸いです。


| 森脇靖日記 | 22:02 |