<< 製陶所 考える 2019年09月27日更新 | main | 小さな小さな 2019/10/27 >>
出雲市 イズモオプティークのこと 2019/10/02
出雲の眼鏡店「イズモオプティーク」。

2012年に別館開館の折、拙作の会
店主の兵頭さんと企画しました。
その会は三週間程の会期でした。
毎日私は店頭に立ち、
お出でいただいた方、そして兵頭夫妻と
色々なお話をし様々な思いに浸り、至り。
それは今でも大切に想いだします。
思へば、この感覚で生きていくんだと
強く思った会でありました。

その時から、あっという間ですが
ずいぶん時間が経ちました。

そして
兵頭さんは今日も眼鏡を通して
日々の生活を送られる方々のそれぞれに想いを馳せ
店頭に立っておられる。

日常に何を届けるか。
生活に何を添えるか。

別館では生活の中のアイテム
照明、履物、そしてそこに
まだ少し先のこととなりますが
これから森脇製陶所の器が加わります。

イズモオプティーク別館の
空気に包まれた生活物品の表情に
皆様、どうかご期待ください。
| 納品のお知らせ | 10:03 |