大阪府池田市 GULIGULI での会のお知らせ


| 展示会・催し | 17:02 |
目黒区 CLASKA Gallery & Shop "DO"本店 での会のお知らせ


森脇靖 日常の器展

会場: CLASKA Gallery & Shop "DO"
   東京都目黒区中央町 1-3-18 CLASKA 2F
    tel 03-3719-8124
    
会期:2016年 4月23日〜5月15日 Open 11:00-19:00


※初日4月23日と24日在廊の予定です。



会の紹介ページは

こちらと

こちら

続きを読む >>
| 展示会・催し | 09:43 |
松江市での会のお知らせです







・会期は10日の水曜日までです。案内状に誤りがございます。
・森脇靖は初日6日と7日の両日会場に居る予定です。

| 展示会・催し | 23:21 |
目黒区 CLASKA Gallery & Shop "DO"本店 での会のお知らせ

※会期に誤りがあり訂正いたしました。申し訳ございません。

会場: CLASKA Gallery & Shop "DO"
   東京都目黒区中央町 1-3-18 CLASKA 2F
    tel 03-3719-8124
    Open 11:00-19:00

 
   ※初日1月30日から2月1日まで在廊の予定です。
続きを読む >>
| 展示会・催し | 00:12 |
広島市 PENCIL midi での会のお知らせ


会期中は毎日midiに居ます。
続きを読む >>
| 展示会・催し | 22:48 |
松江市 清光院下のギャラリーでの会へ参加のお知らせ
続きを読む >>
| 展示会・催し | 10:06 |
niwa-magazineへの連載       2014/02/05/
Niwa-Magazineでの連載が始まりました。
tasteのページに載っております。 
| 展示会・催し | 01:06 |
松江市 DOORでの会へ参加のお知らせ
exhibition & event月夜の庭at.松江 

と銘打った企画展が開催されます。
niwa magazineを主宰する小川敦子さんの企画です。
さまざまな催しが企画されていますが
その中での会に参加させていただきます。

niwa magazine×ひびきあうもの島根「器」とhaazのガラス

会期:2013.11.09sat - 11.17sun 12:30-18:30
会場:book & gallery DOOR
   島根県松江市上乃木1丁目22-22
   tel 0852-26-7846
   または 090-8713-0852
| 展示会・催し | 22:53 |
名古屋市 mokodiでの会のお知らせ   (終了しました)
ある女性詩人の自叙伝の中に
こんな一節がありました。

〜〜〜就職した時、親に買ってもらった印鑑を、
   以来四十一年、同じ会社で使い続けて、
   一本九十銭の白い象牙の印鑑が、
   今はめのう色にかわっております。
   今ではそれを見ると、
   自分の骨の一部のような感じさえいたします。〜〜〜

何気なく読んでいた文章でしたが
鳥肌が立ちました。

道具は美術品ではありません
日常や仕事で使うものですから
そうでないと困るわけですけれども、
名前や目的を持って生まれてくる。
でも
使うことによって
名前や目的がだんだんと外れてくるとき
はじめてその物と
じっくりと向き合えるような気がします。

そこには自分の日常が重ねられている。
鏡に映さなければ、自分の姿が見えないように。
自分以外の何かを通すことでしか
自分の心を知ることは出来ない。

41年間使い続けたもの。
年齢からして無理ですが
自分はまだそういうものを持ったことがありません。

物を作る立場の人間として
忘れ得ぬ文章に出会いました。

「森脇 靖 作陶展」終了しました



会期:2013年 4月25日(木)〜5月12日(日)
   11:00〜18:00
会場:mokodi(モコディ) website
   〒465-0085 愛知県名古屋市名東区西山本通1−8−1
    tel 052-782-2886


※会期中のお休み  30日(火)・7日(火)
※森脇靖在店予定日 25/26/27/28日

続きを読む >>
| 展示会・催し | 23:50 |
イズモオプティーク
数年前、
ご夫妻で森脇製陶所にいらして以来
なにかしら季節ごとにお話しているような気がします。

{ 価値観は合わせたり探したりするものではなく、創るもの }

ご主人の兵頭優樹さんとお話する度
私の頭の中に浮かんでくる言葉です。

彼の中に軸として強く存在しているものは、
眼鏡という道具を通して考え、生きてきたこと、
そこから人の生活を見つめること。
その真っ直ぐな心は、私の心を震わせます。


イズモオプティークは出雲市にある眼鏡店です。
この店を営んでいらっしゃるのが、兵頭ご夫妻。

昨年お二人は、「別館」を建てられました。
その佇まいは、
今まで多くの方と時間を共有されたであろうお店を
ゆっくりながめているかのようです。

そんなギャラリーでもお店でもない
兵頭ご夫妻が毎日を過ごしている空間。
そこが今回、森脇靖が会を催す会場となります。

この空間。
森脇靖のつくりだす器。
お越しいただく方。

そこで過ごす各々時間の中で、
何かが生まれ、静かに動き出す。
そう信じて、この日を迎えることを楽しみに想っております。




「森脇製陶所 秋の展覧会」修了しました。



会期:11月16日(金)〜11月28日(水) (22日木曜閉館)
   13:00〜18:00
会場:イズモオプティーク別館 website
   〒693-0024 島根県出雲市塩冶神前6-4-10


回顧録は以下に記します。
続きを読む >>
| 展示会・催し | 03:46 |
<< | 2/9PAGES | >>